庭の草を刈る

広い庭

庭付一軒家には欠かせない草刈機

一戸建てを保有している家庭では芝付きの庭があるお宅が多いのではないかと思います。緑のある庭は心が安らぎ素敵な印象を受けますが芝の手入れを定期的に行うといった作業がつきものになってきます。庭の面積にもよりますが芝の面が多ければ多いほど手作業による芝刈りが大変な作業となってきます。地方によっても異なりますが芝の手入れは年に2〜4回程度の手入れが理想的です。 庭の芝、草の手入れは毎年続く作業となるので効率よく作業する為に草刈機を使用するという方法があります。 草刈機の価格のイメージとして高いのではないか、一般家庭には手が出ない価格なのではないか、そんな印象をもっている人もいるかとは思いますが意外と手ごろな価格のものがあり何年か使用する事を想定するのではれば決して高くない価格であるといえます。

それぞれの種類と特徴について

草刈機の種類としては芝刈り機、草刈機、刈払い機があります。 芝刈り機はいわゆる芝生の手入れ用でタイヤのついている芝刈りで転がしながら手で押すと芝を刈ることができます。女性にも手軽に使用する事ができるタイプです。 草刈機は肩掛け式が主流で芝刈り機よりも色んなタイプの斜面にも適しています。電気式とエンジン式があり、一般家庭では電気式が人気があります。電気式の中では充電タイプとコードタイプがあり、充電タイプはコードを気にしなくていいというメリットがある反面、コードタイプに比べると原動力が違ってきます。 コードタイプは原動力が強い反面、充電タイプに比べてコードがない場所では使用できないとった面があります。 刈払い機は草刈機よりも固い草、すすきや細い木などでも使用できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加