値段を考える

豪華な庭

値段を把握して

草刈機は、主に草刈りを行うための機械で、一般的な手持ち式のものの構造としては人の背丈ほどあるシャフトの後部に駆動源となるエンジンやモーターなどを取り付け、先端部にディスク状の草刈り刃やチップソーまたはナイロンコードなどを取り付け駆動源からの力によって回転させて草や木などを刈るというものです。 草刈機の値段は、エンジン式でハンドル式では1万5千円前後から売られており、高いものでも4万円程度となっています。これはエンジンが大きくなると手に持って作業するには不向きで、大排気量のエンジンを使用する場合には背負式が使われ、背負式も2万円前後からあり5万円程度で売られています。一方で近年はクリーンな充電式のものもありますが、エンジン式に比べて割高な傾向にあります。 また自走式の草刈機などもありますが業務用で10万円以上し使用できる場所も限られています。

登場した背景について

草刈機が登場した背景には草刈りにかかる労力を減らす目的があります。また草刈機を実現するための小型エンジンでも十分な出力を得られるようになったという点があげられます。日本で現在のような登場したのは1970年代ですが、この頃は非常に高価な機械であり一般的ではありませんでした。1990年代には価格が下がり、またホームセンターでの販売が行われるようになると多く普及するようになります。またそれまで金属による草刈り刃が使われていましたが、近年ではナイロンロープやプラスチック刃などが使われる傾向にあります。 また2010年代に入ると高性能なリチウムイオン充電池が登場し、草刈機にも使用され煩雑なエンジンの管理が不要な電気式草刈機も登場しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加