砂利がある住宅

庭の草を刈る

広い庭

一戸建てを欲しいと考えている方は大勢います。特に、一戸建てと言っても庭付きの一戸建てを考えます。庭付きの場合、雑草の処理などが大変なので芝刈り機などで定期的に刈り取る必要があります。

値段を考える

豪華な庭

草刈機は草を刈るにはとても便利なものです。そのため、草刈機の購入を考えてる方は多いでしょう。草刈機は値段に開きがあるので自分の出せる金額の草刈機を買うのが良いでしょう。

誰でも使用可能

綺麗な空気

草刈機は様々な値段がありますが、燃料により草刈機の値段は変わってきます。また、電気式とエンジン式があり電気バッテリーのものを使うことにより女性の方でも簡単に使用することが出来ます。

エコを考える

大きな池と庭

手入れが大変だからと言って放置は良くありません。面倒くさい草刈りは業者に依頼して安心して利用出来るようにしましょう。

24時間365日といつでも対応してくれるのはココだけ!草むしりをプロにお願いしたい時は、土日も施工を行なっている業者へ任せましょう。

木を切ると同時に植える行為もしている

伐採とは木を切り倒す行為そのものを差します。丸太の大木を切り倒し伐採してそれを競りに出し大工や工務店がこれを購入して家を建てています。大きな企業では伐採をした場合同じように植樹を行っているというのをテレビで見たことがあります。森林伐採が地球温暖化や、環境破壊の原因であるといわれて久しく、各企業は木を切り倒すだけでなくそれ同等の環境保全にも力を入れるようになって来ました。家を建てるためや他の材料とするため私達の生活には欠かせない木を取り尽してしまえば土砂崩れといった二次被害の犠牲になる人も出てくるでしょう。取り尽くすのではなく、必要な分を取ればまた植えるという行為はとても評価されるべきことです。植えた木がまた未来の子供達の為に役に立ちそれを延々と続けていくことで上手く自然と付き合っていけるといいと思います。

個人でも依頼することができます。

林業を生業としている人たちに伐採の依頼を個人的にすることができます。料金設定もきちんとしてあるので基本料金5000円と木の高さや難しさで料金が変わってきます。自分の森であったとしても木を切るためには役所に許可を取らないと伐採をしてはいけません。たとえ自分の土地でも届出がいるというのははじめて知りました。しかも罰則があって届出を出さなければ100万円以下の罰金が科せられます。なかなか自分では切れそうもない場合はきちんとした林業の方に切ってもらったほうがいいかもしれませんね。よくテレビで自分の家の近くに大きな木が立っているのを自分で伐採して、家のほうに倒れてきたり、置いてあった車の上に倒れたりで大変な二次被害にあってる方の動画が放送されてたりします。やはりプロに倒れる方向を計算してもらいながら木を切らないと、倒れてきてからでは防ぎようがありません。

新しい植木を植え直す時は、庭木の伐採が必要になります。しかし忙しく時間がない時は庭職人にお願いしてみると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加